かぞくのーと

初めての育児に日々奮闘中! 食べることが大好きなアラサーママのブログです。

【肌トラブル】体中に痒い湿疹《妊娠性痒疹》と診断される【妊娠後期】


▼ この記事をシェアする ▼

f:id:s_family:20171109153302j:plain

妊娠後期に入って肌の痒みトラブルに悩まされました。

季節的にも寒くなってきたということもあり、はじめは乾燥からくる痒さだと思い、

入念にボディクリームを塗り塗り・・・。

しかし日ごとに痒みは増し、気付けば体のいたるところに赤い湿疹が。

 

ちょうど妊婦検診があったので、産科の先生に相談してみたところ

《妊娠性痒疹》と診断されました。 

今日は妊娠性痒疹について書いていきたいと思います。

妊娠性痒疹とはどんな症状?

妊娠性痒疹とは、その名のとおり妊娠中特有の症状で、腕や足、胸、お腹などに痒みが生じ、赤い湿疹がみられます。

 

妊娠初期から悩まされる場合や、後期に入ってから発症することもあり、2人目以降の妊娠時に見られることが多いそうです。

症状の度合いも人それぞれで、出産前に自然と治ってしまう軽いものから、ひどい場合には眠れないほどの痒みで、我慢できず掻きむしってしまい出血してしまうことも。

 

出産を機に治ることがほとんどのようですが、痒みがストレスになる場合や、化膿すると痕が残る場合もあるので、つらい時には早めに産婦人科や皮膚科で相談してみましょう。

 

私の場合

後期に入ってから胸、ひざ裏、ひじ裏の痒みを感じたのですが、最初は乾燥からくるものだと思っていました。

日に日に痒みは増し、小さな赤いポツポツが広がっていることに気付いた時には、肩、二の腕、背中、太ももと広範囲に同じような湿疹が。。。

痒さにも我慢できないほどに。

ちょうど妊婦検診があったので先生に相談し妊娠性痒疹と分かりました。

 

妊娠性痒疹の原因は?

産科の先生の話によると妊娠性痒疹の明確な原因は分かっていないらしく、妊娠によるホルモンバランスの変化や、何らかのアレルギー反応と考えられているそうです。

 

私の場合

私は初めての妊娠ながら妊娠性痒疹と診断されました。

元々軽度ながらアレルギー体質で、年々肌が弱くなっていると出産前から感じていました。

初産、経産に関わらずなりやすい体質などあるのかもしれません。

 

妊娠性痒疹の対処法は?

▼痒みを悪化させないために

・肌を清潔に保つ

・肌の乾燥を防ぐ

・服の素材を綿など肌触りのいいものにする

・患部を冷やす

 

▼病院を受診する

妊娠性痒疹は原因に対する治療ができないため、塗り薬などで痒みや炎症を抑える対処療法になります。

かかりつけの産婦人科や皮膚科で診てもらえますが、皮膚科にかかる場合には必ず妊娠中であることを伝えてください。

胎児に影響のない塗り薬、保湿薬、内服薬など症状に応じて処方してもらえます。

 

私の場合

保湿や冷却では痒みがひかなかったため産科でで相談し、胎児に影響のない弱めのステロイド剤を処方してもらいました。

薬を塗った翌日には酷かった痒みがひき、2~3日すると湿疹も薄くなってきました。

残念ながら治ったと思っても別の箇所に新しく痒みが生じるので、出産まで妊娠性痒疹とは付き合っていくことになりそうですが、掻いてしまう前に薬を塗ることで悪化は防げています。

 

最後に

私自身がそうなのですが妊娠特有の痒み症状があることを知らずに、初めは乾燥からくるものだとばかり思っていました。

先日出産した妹にこの話をしたところ、妹も同じ症状に悩みながら、やはり乾燥だと思い出産するまで保湿することで対処していたそうです。

足など部分的に掻き傷が残っており、妊娠特有のものだと聞いて驚いていました。

 

もちろん日常的に保湿をしたり肌を清潔に保つことも大切ですが、我慢できないような痒みが生じた際には妊娠性痒疹を疑って、早めにお医者さんに相談しましょう。

 

*最後までお読みいただきありがとうございました*