かぞくのーと

初めての育児に日々奮闘中! 食べることが大好きなアラサーママのブログです。

【妊娠初期の疑問】母子手帳のもらい方などのまとめ【いつ?どこで?】


▼ この記事をシェアする ▼

f:id:s_family:20171110125331j:plain

妊娠から出産、育児と子供の健康記録を管理する母子手帳

妊娠が分かったらいつ、どこでもらえるのかなど、今回は母子手帳に関する疑問をまとめてみました。

母子手帳をもらう時期は?

産婦人科で診察を受け、妊娠が確定してから1回目の妊婦検診までにもらいましょう。

 

初診時や、妊娠が確定するまでの診察は妊婦検診 になりません。 

赤ちゃんの胎嚢や心拍が確認された段階で妊娠確定とする病院が多く、そのタイミングで母子手帳をもらっておくよう案内を受けると思います。

 

妊婦検診が始まると、毎回の検診記録を母子手帳に記入してもらったり、妊婦健診の一部費用を国が助成してくれる補助券を利用できるようになります。

 

母子手帳はどこでもらえる?

各市区町村の役所や保健センターの窓口でもらうことができます。

窓口で《妊娠届出書》という用紙をもらい必要事項を記入し提出すると、その日のうちに発行してもらえます。

 

持ち物や必要な書類は?

私の住んでる地域は、

・マイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード

・妊婦の本人確認ができるもの

が必要でした。

 

印鑑や、妊娠診断を受けた医療機関が分かる診察券など、市区町村によって必要なものがあるようなので、事前に市区町村のHPで確認しておきましょう。

 

妊娠届出書に記入する内容は?

母子手帳をもらう際、妊娠届出書という書類に以下の記入が必要になります。

 

・妊婦本人の名前や住所などの情報

・妊婦本人のマイナンバー

・出産予定日

・妊娠週数

・妊娠回数

・妊娠診断を受けた医療機関名

・病気の有無

 

この内容も市区町村によって変わるかもしれません。

市区町村によってはHPから用紙をダウンロードできる場合もあるので、事前に記入して窓口に持っていくこともできます。

 

母子手帳と合わせてもらえるもの

・母子手帳

・妊婦検診費用補助券

 

その他にも、

 

・マタニティマークのキーホルダー

・父子手帳

・副読本(出産~子育ての知識本)

・マタニティ食事レシピ

・母親学級やマタニティヨガなどのイベント案内

 

など地域ごとに役立つ情報やサービス案内などが

用意されている場合があります。

 

万が一、母子手帳を紛失してしまったら?

母子手帳を紛失した場合には再発行してもらうことができます。

ただ補助券は再発行不可となるので注意です!

母子手帳は妊娠中の記録はもちろん、生まれてから6歳までの健康状態を記録できるようになっています。

成長を記録する大事なものなので、大切に扱いましょう。

 

母子手帳ケースは必要?

妊婦検診には毎回、診察券、保険証、母子手帳、補助券を持っていきます。

母子手帳ケースがあるとまとめて持ち運びできるので忘れる心配がありません。

またエコー写真や血液検査の結果などの書類、領収書などをもらうので、それらを管理しておくのにも便利です。 

 

ちなみに周りの先輩ママに聞いたところ、妊娠中はもちろん、出産後にはより母子手帳ケースが活躍するそうです。

母子手帳は6歳まで子供の成長やワクチン接種等の記録をするため大切に保管しておく必要があります。

加えて子供の保険証や、診察券、お薬手帳なども一気に増えます。

小さいうちは病院にかかることも多いため、母子手帳ケースに全てまとめておくと便利だそうです。

 

母子手帳ケースはどこで買える?

母子手帳ケースはベビー用品店やネットショップなどで購入できます。

キャラクターものやミニショルダータイプものなど、柄や形のバリエーションも豊富で迷ってしまうほど。

 

母子手帳のサイズは地域によって大きさが異なります。

母子手帳サイズに合わせたケース選びをしましょう。

 

長く使うものとなるなので、皆さんもぜひ好みのものを探してみてください♡

 

*最後までお読みいただきありがとうございました*