かぞくのーと

初めての育児に日々奮闘中! 食べることが大好きなアラサーママのブログです。

【安産効果】味は?効果は?ラズベリーリーフティーを飲んでみた!【産後レポ追加】

f:id:s_family:20171222104807j:plain

現在37週、ベビーグッズや入院準備も整い、あとは赤ちゃんが産まれてくる時を待つだけになりました!

 

スムーズなお産を目指し、毎日ウォーキングやスクワットなど体を動かしていますが、まだ子宮口は固く、お腹の張りもそこまでという感じ。

そこで安産効果が期待できるというラズベリーリーフティーを飲み始めることに。

 

今回はラズベリーリーフティーの味や効果、実際に飲んでみた感想について書きたいと思います♪ 

 

 

ラズベリーリーフティとは?

ラズベリーリーフティーとは、その名のとおりラズベリーの葉が原料のハーブティーです。

陣痛の緩和や安産の効果が期待できるとされ、ヨーロッパでは「安産のお茶」と親しまれているそうです。

 

 

安産効果があるの?その他の効果は?

ラズベリーリーフティーに含まれる「フラガリン」という成分には子宮の収縮をサポートする作用があり、それが出産時に働くことで陣痛の緩和や出産時間の短縮に繋がり、安産効果が期待できるとされています。

子宮の収縮を正常に調節する作用は、出産時の出血を抑えたり、産後の子宮回復や、母乳の出を良くする効果もあると言われ、出産や産後以外では生理痛やPMSの症状改善にも良いそうです。

 

また、他のハーブと比べてビタミンやミネラルが多く含まれていることから、良質な母乳作りにも役立つようなので、授乳期まで飲み続けたいですね。

 

ラズベリーリーフティーの効果まとめ

《出産時》

・陣痛の緩和

・出産時間の短縮

・出産時の出血を少なくする

 

《産後》

・産後の母体回復を助ける

・母乳の出が良くなる

・良質な母乳を作る

 

《その他にも・・・》

・リラックス効果

・生理痛、PMS(月経前症候群)、生理不順といった女性特有の症状改善

・口内炎、咽頭痛、花粉症などの症状改善

 

 

ラズベリーリーフティーを飲む時期などの注意点

ラズベリーリーフティーは妊娠8ヶ月以降に飲むのが良いとされています。


というのもラズベリーリーフティーには子宮収縮作用があります。

妊娠初期〜中期には流産や早産の危険性があるので飲むのは控えましょう。

 

また妊娠8ヶ月を過ぎても、お腹が張りやすかったり、切迫早産と診断されている場合などは飲むのを控えた方がいいそうです。

飲み始める前に産院の先生に相談すると安心かとか思います。

 

1日の目安量はとしてはティーカップで1〜2杯のようですが、まずは1杯から始めて体の様子を見るようにしましょう。

 

-スポンサーリンク-

 

どんな味?効果はすぐ感じる?実際に飲んでみた感想!

f:id:s_family:20171222104827j:plain

・私が飲んだのは《yogi ヨギティー》のラズベリーリーフティ

"ラズベリー"とあるのでどうしてもフルーティな甘酸っぱさをイメージしてしまいますが、ラズベリーの葉が原料のハーブティーなので実際はさっぱりめのお茶という感じ。

クセがなく飲みやすいので、リラックスしたい時にはもちろん、後味がすっきりとするので食事の時にも良さそう。

ちょっと甘みが欲しい場合には、はちみつを加えても美味しいです♪

 

《yogi ヨギティー》 

 

・飲んだ効果は?すぐに変化は感じられる?

この記事を書いている時点では出産前なので安産効果の程はまだお伝えできませんが、飲んだ後には確かにお腹が張りやすくなります。

臨月に入ってもあまり頻繁に張りを感じる方ではなかったので、効果が出ているのかなと。

またこれは関係があるか分かりませんが、飲んだ後は胎動も活発な気がしています。

 

前回36週の妊婦検診でまだまだ子宮口が固いと言われていたので、次の検診までラズベリーリーフティを飲んでみて何か変化があるか楽しみにしています。

変化が見られた場合には随時追記しますね!

 

・ラズベリーリーフティはどこで売ってる?

あまりスーパーなどでは見かけないラズベリーリーフティー。

実店舗ではカルディ・ルピシア・成城石井など、お茶の専門店や輸入食品を扱うお店、またはアカチャンホンポ・西松屋などベビー用品店などで売っているようです。

実際に私はカルディと西松屋で見かけましたが、どちらも少量パックの1種類のみでした。とりあえず口に合うか試してみたいという方はいいかもしれませんね。

 

ネットなら雑誌などでも目にする《AMOMA》や《クリッパー》など様々なメーカーのラズベリーリーフティが購入できます。

メーカー、価格、量などを選びたいという方にはネットが便利かもしれません。

《AMOMA》

 

《クリッパー》

 

《全メーカーの検索はこちらから》

 

 

【産後レポ】出産を終えて安産効果を検証

※あくまでも個人的な感想なので参考までに※

産前・・・生産期に入ってもあまり張りが見られず、お産はまだ先になるだろうと病院でも言われていたのですが、37週からラズベリーリーフティーを毎日一杯飲むようにしたところ頻繁にお腹の張りを感じるようになりました。

そして飲み始めて9日目の38週で破水し入院、その日のうちに出産となりました。

 

出産時・・・ラズベリーリーフティには陣痛の痛みの緩和や、分娩時間の短縮効果もあると聞いていたので、陣痛中にも旦那さんに頼みタンブラーに入れて持ってきてもらいました。

助産師さんに褒められるほどお産の進みは順調で、入院時には1cmだった子宮口が6時間弱で全開に。

分娩時間も30分と初産の平均時間より早い安産となりました。

 

産後・・・ラズベリーリーフティーには安産効果だけでなく、母体の回復や、母乳の出を良くする効果もあるとのことで産後も飲み続けました。

入院中の病院でも飲んでいたのですが、検診では子宮の回復が早いと言われました。

また母乳は産後3日目から出るようになり、量も十分出てくれています。

 

ラズベリーリーフティー以外にも安産体操やウォーキングなどを取り入れていたのでお茶だけの効果とは言い切れませんが、結果として安産だったのでやはり飲んでおいて良かったです。

これから出産を迎える友人にもプレゼントしました♪

私自身、もし今後2人目を妊娠することがあれば、安産のお守りとして飲みたいと思っています。

 

 

まとめ

安産効果を期待して飲んでいたラズベリーリーフティですが、妊娠中の飲み物は結構限られるので、毎日のリラックスタイムにハーブティーという楽しみにもなりました。

 

飲む時期、量、体調には気をつけて、安産を願いながらラズベリーリーフティーを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

 

*最後までお読みいただきありがとうございました*

 

プライバシーポリシー